浪貝畳店

東京都世田谷区太子堂で畳張替えなら浪貝畳店まで!!新調、リフォームなど何でもご相談ください。また、襖・障子についてのご相談も受け付けておりますのでお気軽に御相談ください。

畳の関連情報

畳(たたみ)は、日本で利用されている伝統的な床材。芯材になる板状の畳床(たたみどこ)の表面を、イグサを編み込んで出来た敷物状の畳表(たたみおもて)でくるんで作る。縁には畳表を止める為と装飾を兼ねて、畳縁(たたみべり)と呼ばれる帯状の布を縫い付けるが、一部には縁の無い畳もある。 畳には縦横比が2:1になっている長方形の一畳サイズと、これを横半分にした正方形の半畳サイズの2種類がある(以下の記述は特に断らない限り一畳サイズに関するもの)。大きさは3尺×6尺(910mm×1820mm、1.6562 m2)のものが基本となるが、部屋の寸法に合わせて注文生産される場合が一般的なのでサイズは一定していない。一般的な規格としては、京間(本間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、田舎間、五八間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名である。この他にも地域ごとに様々な規格が存在する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

和室が少なくなった現代の住宅ですが、畳は今でも根強い人気があるのも事実です。 日本特有の落ち着いた空間を醸し出す畳は丈夫で掃除も楽というメリットがある反面、いざ張替えの時期が来るとどう対応して良いか分からないという人も多いかもしれません。 現在はネットで検索すれば畳張替えの業者をすぐに探し出すことは出来ますが、中にはあまりお勧め出来ない業者があることも事実です。 世田谷区で畳張替え業者を選ぶ際には「畳製作技能士」という国家資格を所有する業者があるため安心です。 長年の実務経験がなければ取得出来ない資格であるため、張替え技術が高いという証明にもなります。 また世田谷区の畳張替え業者には、畳だけでなく障子や襖の施工作業を請け負っているところもあります。 障子の場合は自分で張替えすることも不可能ではありませんが、やはり技術を要する作業であることに違いはありません。 プロによる施工で見た目も美しい和室にしてみませんか。
Tagged on: , 浪貝畳店