お部屋探し支援センター

東京で初期費用(敷金礼金)分割可の賃貸・物件をお探しなら株式会社ベベライズ運営の【お部屋探し支援センター】に一度ご相談ください。他社さんで難しいと言われた方でも弊社にお任せください、お部屋探し支援センターでは世の中のほとんどの物件がご紹介可能です。

賃貸借の関連情報

賃貸借(ちんたいしゃく)とは、当事者の一方(貸主、賃貸人)がある物の使用及び収益を相手方(借主、賃借人)にさせることを約し、相手方がこれに対してその賃料を支払うことを約することを内容とする契約。日本の民法では典型契約の一種とされる(民法第601条)。 日本の民法は、以下で条数のみ記載する。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京で賃貸物件を借りるとなれば、月々支払う賃料の負担は決して軽くはありません。そして賃料が高いとなれば、賃料を基準としている敷金・礼金・保証金・仲介手数料といった初期費用も相応に高くなります。初期費用は、それぞれ数カ月分が必要になるので、それだけで数十万円もかかってしまいます。 引越しでは、引越し業者に支払う費用も必要ですし、初めての東京での一人暮らしともなれば家具・家電も購入するのでそれだけ出費もかさみます。初期費用を一括で支払うことが難しいので、なんとか現金分割払いを頼みたいところです。 でも、東京の賃貸では、それを認めてもらうことはかなり難しいことです。なぜならば、初期費用の支払いというのは、大家や管理会社にとって大事な収入源であるだけでなく、それだけの資金力があることを証明する手段だからです。資金力がある優良入居者をふるい分けることで、賃料が滞納することも少なくなり安定した賃料収入を得ることになります。 従って、東京の賃貸を借りるのであれば、このような事情を踏まえて、十分な資金を用意しておかなければいけないのです。
Tagged on: , お部屋探し支援センター