コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

仕事において、対話力はとても意味を持っていますが、対話と会話を同じ意味ととらえがちです。しかしながら、対話と単なる会話とは、深い意味で違いがあります。会話については、相手サイドの価値観の相違に立ち入らないで、和気藹々と意思疎通を行うことを意味します。それに対し、対話は、それぞれの捉え方が違うからこそ、認識を深めることができます。 対話力は相手方の話を聴くことが重要です。そして、単に話すことを聞くのとは違って傾聴することが大事です。さらに耳にした話を考え、それからその考えに関して相手方に話すことで完了します。要するに対話力は、聞いて推察して話すことの反復しと言えます。 また、傾聴する力は、聞くと聴くを区分けして捉えることが大切です。単純に聞くというのではなく、相手方の話すことにきちんと耳に入れ、注力して聴くのが傾聴ということになります。対話は、相手方との捉え方、価値観に差があることが大事になります。自身と異なる考えを除外するのではなく、相手方の世界を受け入れることが大切といえます。  どうして相手方が自分自身と異なる意見なのかというバックグラウンドまでを押さえることが大事で、自分自身が賛成することができない意見でも受け入れることが対話力のポイントといえます。それに加えて、意見が異なってくる場は理解はするが、強引に同調せずに聞き流すことも不可欠です。どんなところに賛同して、どこを議論の対象としないかが拝聴力では肝要になります。  対話におきまして、通常の場合相手サイドはさほど長時間待ってはくれません。そのため短時間で考察してアクションを起こす力が考える力ということを意味します。考える力は、相手サイドが自分自身の話にどのようにリアクションするかを加味しながらディスカッションすることが必要になります。刺激に対して条件的に反射するマウスとは異なって、刺激に対しいかにリアクションするかを考える必要があります。
Tagged on: , コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト