マイスターズ・リペア

床補修なら東京の木質補修専門の当店へ。フローリングや家具の凹み・キズの補修ならお任せください。ドイツ生まれのリペア技術と補修剤で完璧に直します。

補修の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

床補修の1つとして、畳の補修があります。畳は早くて2,3年裏返しにする必要があります。そしてイ草の部分を取り替える表替えはそれからまた2,3年後ぐらいです。畳床といわれる部分は再利用する方法です。新しいものにするよりも、取り替えたほうが安くできます。10年も経ったものであれば、枠組みを新しくする必要がでてきます。畳床も劣化している場合にはすべて取り替える必要があるからです。修理では対応しきれない場合が多いので、枠組みごと新しくします。予算に応じたものをご提案いたしますので、ご相談ください。使うイ草は国産のものであれば高く、外国製のものであれば安く済ませられます。また、まだ新品同様なのに一部すりきれてしまったなどの補修も承ります。フローリングへの変更も可能です。まだ使えるものをすべて取り替える必要はありません。補修をすることで、長く持たせることができます。現状からどのような床補修ができるのか、東京で複数の提案が可能なのでご相談ください。
Tagged on: , マイスターズ・リペア