エクステリアプロ

手すり工事のことなら東京都江戸川区の【エクステリアプロ】へ。職人直営で設計から製造、取り付け工事まで自社で行います。

内装工事の関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

トイレの手すり工事は、使う人の身になってつくることが必要です。トイレの手すりが必要となるのは主に高齢者です。高齢者は通常、二通りの利用の仕方をします。一つは座っている位置から立ち上がる時に利用します。この利用法は男女を問わず、誰もが利用するやり方です。もう一つは男性が小便をする時に利用します。高齢になると、真っ直ぐ立っているのが難しくなります。トイレでも、小便の時は何かにつかまっていないとふらついてしまいます。その時、壁の適切な位置に手すりがあると、とても役立ちます。手すり工事はこの二つの使い方に対応したものを設置する必要があります。市販のL字型手すりは、立ち上がるときには使えますが、男性の小便の時の支えとしては不便な位置に取り付きます。トイレの手すりは使う人の身になった取り付け方が必要となります。手すり工事では、標準的な位置に手すりを取り付けるのが一般的です。しかし、利用者の寸法や手の長さは人により異なります。取り付けは標準的な位置ではなく、個別の利用者に合わせることが大切です。
Tagged on: , エクステリアプロ